突然の、お別れの日が やってきた・・・

12月1日(月)・・・(非公開まま気づかずでした。)1月27日(火)emoticon-0110-tongueout.gif

11月29日、夜中2時半過ぎ、床について間もなく、枕元に置いた携帯が鳴り響いたemoticon-0161-phone.gif

「ババピーさん!? 急いで来てください!!」  
母の様態が、急変したのです。 

冷静さを保てず、自分が何をして良いやら・・・  主人と病院に駆けつけました。
連絡した姉夫婦、叔母夫婦も駆けつけて、いつも昼間に通う病院とは、まったく様子の違う
院内。

薄暗く静まりかえる廊下、「こっち、こっち・・・」
看護師さんが、駆けつける私達の為に懸命に、心臓マッサージをしてくださっていました。
「お姉さんは、あと、どれくらいで着かれますか!?」
だんだん弱くなる心拍数値、懸命に呼びかけるも、返事が有りません・・・。

温もりは有るものの、だんだん足の指先が変色してきました。
「もう、良いですか・・・!?」   「はい!! 有難うございました。」

機械の示す数値は、ピ~~! 0を表示
母は二度と、私達と口を聴いてくれる事は有りませんでした。


少し前から、胃が痛いと言つてつらがり、もどしたりするようになり、20日間くらい点滴のみ、
食事を一切もらえず。

意識のある母としては、お腹が空いてたまらぬ様子、ご飯ももらえぬと訴えました。
食べればもどし、誤嚥の心配が有っての事のようでした。

実は、胃が痛いのでは無く、九州の時から1個持ったままの大きな胆石が、悪さを
したものと思います。

お世話に成った先生方も、ご存じなかったババピーからの情報、肝硬変も持っていました。

1週間ほど前、黒いものを吐いたとの事、嫌な予感がしました。
すると、「数日前、おしっこの出が悪いんです。」看護師さんからの報告でした。

(腎不全を起こしている・・・いやだなぁ~~)
臓器で、何々不全と聞けば、・・・。

とうとう、その日がやって来てしまいました。
少し前から、私達姉妹に甘えて、わがままを言った母、胃が痛いから、お腹をさすれって
すると、痛いって。 痒いと言い、さすれば、あちら、こちら、次々と注文です。

病院から帰る時は、姉とババピーそれぞれが、母を納得させての帰宅でした。

9月21日、父が先に逝ったことを知らないまま、逝ってしまった母でした。
病院を去るとき、急に降り出した大雨、そして葬儀の日も同じく雨、まるで母が逝く事を
悲しんで居る様に思えました。


私たちの住む地へ、遠く福岡から連れて来てしまったにも関わらず、思いもしないほどの
弔問客、お通夜の会食は、多めの注文にもかかわらず、足りなく成る始末。

葬儀の飾りは、祭壇をやめ、母の大好きだった花で埋め尽くし(かなりの予算オーバーでしたけど)
生花って、一番金額がはるらしいです・・・。

何が嬉しかったかと言うと、最後の旅支度を、みんなで手伝わせて下さった事と、
最後だけは、顔の表情を整える為、ワタなどを入れ、形成する作業は、家族には見せる事が
出来ない辛さが有ると想像できました。

キレイに化粧して頂き、微笑んでいるような笑顔の母に仕上げて下さった おくりびと

あの顔、一生、私の脳裏にしまっておきたいと思います。

来年のお盆、父の眠る福岡へ連れて帰り、2人一緒に初盆の供養をしてあげたいと
思っています。

それまでは、お骨に成ってしまったけれど、再び我が家に戻って来てくれた母と
今までの、思い出話でもする事にしましょう。


と、言うわけで、母の介護記録の内容は、書けなくなりました。
これからは、ババピーの、頓珍漢な生活ぶりを、時々、綴りたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

29日から、ほとんど取れていない睡眠、いやいや、まだまだ手続きで、ゆっくり出来ないのかな!?
[PR]

# by sugiharuri | 2014-12-02 00:45

まさか・・・です。

9月29日 (月曜日)

先日の事、夜中の1時30分・・・emoticon-0161-phone.gif

枕元に置いてある 携帯が鳴り、飛び起きました。 「〇〇だけど、病院から
父の様態が急変したからとの知らせで駆けつけたら、たった今息を引き取ったから・・・」

1月、父と同じ病院に少しだけ一緒に入院していた母を、迎えに行った時、とても元気そうだった父、
「毎日、好きなだけテレビ観て、食事も おいしいし、リハビリが少しだけキツイけど、
ここは極楽ばい」
と、ご機嫌そうに言っていた父でした。

朝方まで、一睡も出来ぬまま、近くに住む、姉夫婦、叔母夫婦とともに・・・

その前に、毎日見舞ったいる母の入院している病院へ、姉達と出かけ、数日、出かける事を
伝えに、(もちろん、父が亡くなった事は、母には内緒です。)
 
看護師さん、介護士さんには、その旨を伝え、くれぐれも母には内緒で、と お願いをして
行きました。

出かけている間も、母の事が、気がかりでした。

本心を言えば、母の方が、先に逝くだろうと思っていたのです。(逝ってほしくはありません・・・。)


弟から、電話の知らせが有ってから、その後連絡がスムーズに取れず、
何時の通夜なのか、どこの斎場なのかもはっきりせず、新幹線で目的地久留米駅へ

出発時、電話予約していたレンタカー2台を借り、ぎりぎり連絡が取れた斎場へ、私服のまま
駆けつける羽目となりました。

慌てて礼服に着替え、父のもとへ駆けつけました。
まるで眠っているよう、穏やかな姿でした。 つい、先日の事が、次々と浮かんできます。

姉の旦那さんが、たまたま誕生日で、両親、姉夫婦、ババピー夫婦で、病室にて
バースディーケーキで祝い、父も母も、久しぶりのケーキを食べて、とても嬉しそうでした。


そんな、笑顔の父・・・・もう、この世には、居ないんですね・・・。



そして、今日も 母の待つ病院へ・・・(心の中で、父は逝っちゃったよ・・・!!)

とても伝える事はできません。
[PR]

# by sugiharuri | 2014-09-29 00:36

happy  バースディー ババピー

ババピー誕生日 おめでとう~~~emoticon-0159-music.gifemoticon-0159-music.gifemoticon-0159-music.gifemoticon-0166-cake.gif

そう、8月1日は、ババピー〇〇才の誕生日を迎えました。
今年は、母を我町へ迎え、そして入院、現在に至ります。なので旅行は もちろんの事、
何をするも ゆっくり出かける事はありません。

母が待つ病院通いの為です。姉と二人、毎日の励まし通いです。
これだけ毎日病院通いをしていると、院内のスタッフさん、患者さんのご家族の方とも
仲良くなり、時には、患者さんへのボランティアまがいな事も・・・。

そうそう、入院中の (母)、ばばちゃんもあと、3日すると86歳の誕生日を迎えます。
病院に許可を取って、プレゼント代わりに食事に行く計画をしていました。

でも、今、肝臓(体内にアンモニアがたまる)の調子が悪く自分で、感情のコントロールが
できません。   なんで今・・・!?

よくなったり悪くなったり、体調が悪い日は、顔つきも一遍します。
眠気が襲ってくるようで2人の対応にも思うように受け答えできなくなります。



ババピーは、傾聴ボランティアをやらせて頂いているお蔭で、学んでいるおかげで
ずい分、母への対応に役立っています。

日増しに進む認知症・・・最後の日まで二人の娘の事を忘れないで・・・・・。

娘からの、唯一の願いです。   emoticon-0124-worried.gifemoticon-0124-worried.gifemoticon-0124-worried.gif
[PR]

# by sugiharuri | 2014-08-01 01:04

ばあちゃん(母)が、わが家へ来て4か月・・・


2014/5/08

今年の正月明け・・・姉夫婦と、ババピー夫婦で、昨年骨折で入院中の母を
実家、福岡県久留米市の病院へ、2台の車で迎えに行ったのです。

もともと病気持ちの母、具合が悪くなると、姉と二人で車いす持参で病院通い・・・
調子が良い時は、2か所のディーサービス通い、その間に買い物、ボランティア、時々友達との
骨休め・・・

順調に行く・・・・はずでした。

しかし、もともと有る病気が、母を苦しめる事に成りました。ある日の夜中2時半頃、
同じ部屋で、寝ている(毎日熟睡はできませんでした。)母が息苦しそうに
呼吸していました。 姉と連絡、救急車を呼びました。

我が家の住まいはマンション、きちんと消防署には、正しい住所部屋番号を
伝えたのですが、救急隊の方が部屋番号を間違えて、ピンポン鳴らしてしまいました。
モニターを見てびっくりでした。

・・・・その後、一時症状は落ち着いたのですが、すぐにぶり返し、
また体調を崩したので、救急車で行った病院へ改めて診察に行きました。 

検査、検査で、夕方までかかりました。

体の中にはペースメーカーが入っていて、MRの検査や造影剤を使った詳しい検査が
出来ません。でも、できる限りの検査をしていただきました。

すると、出るわ出るわ・・・いろんな病名、今、すぐに成った訳では無いと思われます・・・。
「直ぐに入院です。」先生からの言葉でした。



入院で、覚悟はしていましたが認知症・・・ついに症状が出始めました。
姉と2人、皆勤で病院通い、懸命に話しかけていたのに、入院をすると筋力も
あっという間に衰え、若い方でも元へ戻すのは大変な事・・・。

すると、ある日母の様子が、おかしく成りました。目が覚めず、うわ言を言い続けました。
(もう、危ない・・・不安がよぎりました。)できる治療はおわり、退院です。と告げられた矢先の
出来事でした。

数回、このような症状が続いたので、検査をされた結果、肝硬変です。  肝臓が機能していない為、体や脳にアンモニアが充満して起きる
症状とのことでした。

肝硬変、もう回復する事は望めなく、消化器担当の女医さんからの説明・・・emoticon-0101-sadsmile.gif「寿命です!」

(男性のドクターは、オブラートに包んだ様に話して下さるのに、女医さんはクールですemoticon-0120-doh.gif・・・)

そうこうして、こちらでの入院も伸び伸びに成りましたが、大きな病院は長期入院は
許されません。

そして、今は、療養型施設の病院へ変り、相変わらず、認知l症の症状・・・・
ただいま、母は、不良ババぁに豹変中(笑)男言葉を使うあり様です。

体調を維持する為に、主食は、おかゆさん、お腹も空くでしょう。
でも、それだけでは無いようで、「飯も食べてない、腹が減ってしょうがない!」
(これを、男言葉で言い続けるし、私たちに、気に入らない時は、「何もくれないなら帰れって」
言う始末。

ただ救いは、娘の事を理解してくれている。これが無くなった時、ショックを受けると
覚悟をしています。

ここ、数日の母、とっても穏やかな笑顔、病気の母とは思えないくらいです。
できる事なら このまま昔の母に戻って・・・・無理な話でしょうか(涙)

毎日、母との泣き笑いの会話、何も出来ないけど、考え方次第では、
神様が母との時間を下さって居るのかななんて思います。
[PR]

# by sugiharuri | 2014-05-08 23:16

わ・た・し ・・・・介護生活スタートです。

とっくに、お正月は過ぎましたが・・・おめでとうございます。

新しい年を迎え、長らくお休みを頂いていますが・・・わたくし本人は、
いたって元気です。

昨年は、忙しい一年でした。
実家の親のことで、何度となく里帰り、そして母を我が家へ迎え、新年と同時の
介護生活がスタートしました。

素人の悲しさ、リハビリの為の入院施設を探しても、断られ・・・。
国の定めで、骨折2か月以内で無いと入院出来ない事を知りました。

下準備は、しっかりと済ませ、地元の市役所で相談、九州での手続きを済ませ、
地元へ帰り、ケースワーカーさんと相談、わが家への受け入れの為、ベット、ポータブルトイレの
準備・・・・。

転入手続き等々 済ませ、今は、通院の病院も決まり、2か所のディーサービスも決め
助けて頂いている今日です。

「来てよかった・・・。」 と言ってくれた事が、私にとって何よりの言葉でした。




ぼちぼちの投稿に成りますが、介護日記らしきもの書きつづりたいと思いますので
どうぞよろしくお願いします。
[PR]

# by sugiharuri | 2014-01-16 16:07